記事一覧

劇団五期会第63回公演 『ゆめのまたゆめ』

劇団五期会第63回公演
『ゆめのまたゆめ』
2010年9月2日(木)~5日(日)
@A&Hホール

先週の金曜日、五期会を初めて観ました。
来月共演する牛丸裕司さん所属の劇団。

他にもいっぱいご案内いただいてたのに、結局この週これしか観に行けなかった。
ごめんなさい

帰りに伽羅倶梨の尚美さんとおいわさんと会って、
ちょっとごはん食べながら、お芝居の感想で盛り上がった♪

一人で帰ってたら、そこまで何も思わなかったことに気づいたり、話せたりして、
とっても楽しかった(おふたりが揃うとおもしろさが倍になる

お芝居は、とってもしっかりとつくられていて、
時代の流れの中で、家族それぞれが変化していく、それを冒頭で死んだおじいさんが
見守っている、というお話。
一周忌、三回忌。。。法事の日だけの物語。
江戸から大正とかの時代だけど、人と人との関係の物語なので、今でもありそうなお話。

冒頭でおじいさんが死ぬので、前の週に観た、くじら企画『サラサーテの盤』が
一瞬頭をよぎったけど、『サラサーテ』は故人の話という感じで、
こちらは死人の話という感じだった。
おじいさんは見守っているだけで、生きている人間の紡ぐ物語だったからかな。
淡々と話は進んで、ラストに老夫婦がこの数十年のいろいろあったことを想う。

上手いベテランさんってほんとにいっぱいいるんだなと思った。
主人公夫婦の、年取ったラストのシーンがすごかった。
若い人もたくさんいて、これほどきっちりしたお芝居をやろうとしている人が
こんなにいることに驚いた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そんなに???

v-16v-17わたしら夫婦、そんなにおもろいんかしらん??

ええ♪

そんなにおもしろいんです
自信もってください(笑)

家庭でもこんな会話なのかなあと想像すると、なおさら、
すてきだな~と思います

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●THE EDGE
「妄想恋愛小説家」

2016年6月
8日(金)19:30恋
9日(土)15:00愛/19:00恋
10日(日)12:00愛/15:30恋*/19:00愛
④=地下4階の人々「マリアの遺言」
⑥=地下6階の人々「君への嘘と君への手紙」
【会場】 ライブハウス地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12企業交流プラザビルB1F
【料金】 前売/当日 2,500円(全席自由・別途ワンドリンク500円)
*10日(日)15時30分の回は2,000円(別途ワンドリンク500円)でご覧になれます 。
学生証をご呈示いただいたお客様はどのステージも2,000円(別途ワンドリンク500円)

【予約】

または→https://ticket.corich.jp/apply/91119/002/

【詳細】→http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-829.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新