記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいむろなおきマイムカンパニー『Waiting』 とりあえず、黙って待ってみる…

いいむろなおきマイムカンパニー
『Waiting』 とりあえず、黙って待ってみる…

2010年9月9日(木)~12日(日)
 9/9(木)20:00 
 9/10(金)20:00 
 9/11(土)15:00/19:00
 9/12(日)15:00
@芸術創造館
http://mime1166.com/

本日観に行って、とってもよかった!!
自分の本番前で追い込まれてて、悩んだけど、観に行ってほんとうによかった!
土日もやっているのでぜひたくさんの方に観てほしいです。
(公演中だけどある程度ネタばれあります)

これまでの作品よりも、お芝居に近くなっていて、
マイムの技術は表面的には見えにくくなっている。
でもそれは明らかに日々の身体訓練に基づく技術に裏打ちされたもの。

2年ぶりの公演だということで、
そうかー、前の公演を芸創に観に行ってからそんなに経ったのか~と思った。
前回までより明らかに進化している。

それは、いいむろさんが、最近お芝居ばたけの人と仕事をたくさんされているからかもしれないし、
そうでないかもしれない。

演出も若干テイストが変わって、よりスタイリッシュになっているように感じた。

何よりすばらしいと思ったのが、
今までの作品は、いいむろさんと、そのお弟子さんたち、
という感じがどうしてもあったのだけど、今回はそうではなかった。

カンパニーのメンバーそれぞれが、存在感を放っていた。
全員のキャラクターが活きていて、いいむろさんとの相乗効果になっていて、
カンパニーとして完成された感じを受けた。
そして、全員のシーンの、何かが何かにどんどん変化していくスピード感が、すごい気持ちいい。

私がいいむろさんに習ってたころからのみなさんが、
自分の教室を持つくらいになっているのだから、
ひとつのことをそこまで突き詰めてやれば、数年でそうなるのだと思うと、
ちょっと、なんとも、尊敬の念もあり、見習いたいと思った。


マイムでこんなに笑えるのかしらと思うくらい
笑い転げるシーンがたくさんあり、
(意外だったジブリッシュがこんなに面白いものかとも思い、)


そして、最初と最後の構成が絶妙で、
それが完成度を上げている。

いろいろあるけど、夢だったのかもしれないけど、
生きていこう。
これからの人生を歩んでいこう。

だけど、そんなことは、
大きな流れ、歴史の中ではほんとうにちっぽけなことだけど、ね。


私はそんな風に感じた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●THE EDGE
「妄想恋愛小説家」

2016年6月
8日(金)19:30恋
9日(土)15:00愛/19:00恋
10日(日)12:00愛/15:30恋*/19:00愛
④=地下4階の人々「マリアの遺言」
⑥=地下6階の人々「君への嘘と君への手紙」
【会場】 ライブハウス地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12企業交流プラザビルB1F
【料金】 前売/当日 2,500円(全席自由・別途ワンドリンク500円)
*10日(日)15時30分の回は2,000円(別途ワンドリンク500円)でご覧になれます 。
学生証をご呈示いただいたお客様はどのステージも2,000円(別途ワンドリンク500円)

【予約】

または→https://ticket.corich.jp/apply/91119/002/

【詳細】→http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-829.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。