スポンサーサイト

--年--月--日
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白州 次郎

2009年09月23日
0
0
つれづれ
一昨日の夜は、久しぶりに実家で過ごした。
親が観ていたのでなんとなく観たNHK。

すごいいい。
TVドラマとは思えないくらい気合の入ったドラマだなあと。
俳優さんたちめちゃめちゃかっこいいし。
構成と、アングルが好き。

白州の妻、伯爵令嬢の正子を演じる中谷さんの、つるっとした肌。
遠くを見ているようで意志の強いはっきりとした眼。
淡い光の中に浮かび上がって、じっと煙草を吸う姿が何度も。
とってもきれいで、気品があって、誇りがあって、素直になれない感じがいい。

二日目の昨日はラストに正子が感情を出すシーンがあって、それもまた。
ただの妻で母になってしまって、
その役割すらできないいらだたしさみたいなのが。

伊勢谷さん演じる白州がかっこよすぎる。
見られ方を知っているから見せ方がわかるのかな。
煙草の吸い方。大物との対峙のしかた。すてき。
夫婦の会話が突然英語になったりする、ある種異様な感じ、
エリートの自負みたいなのがもう自然になってるような、そんなのも、
なんだか惹かれる。

いちばんわーって思ったのが、プロポーズ。
あんなプロポーズされたら、すてき過ぎて、惚れてしまう。
やっぱり、かっこいいひとじゃないと惚れないかな?
いや、でも、あんな行動する人は、白州のように、
ジェントルマンが板についたような人じゃないといないのかなぁ。

死んでしまったけど、近衛文麿の岸部さん、すごいすてき。
まぶたの重い感じが。
無表情のようでそうでない感じ、さいこー。

今晩、三日目の最終回。
観られないかもしれないので、録画はばっちり予約。楽しみ♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。