記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.W.S第四回公演 『危うさを抱きしめて』

S.W.S第四回公演
『危うさを抱きしめて』
2010年 2/6(土)~2/7(日)
@in→dependent theatre 1st

ぎぶあっぷ稽古後の観劇~~
出演者の村山くんの本番を、
みんなでわいわいと観に行った!!

稽古が玉造で5時までだったので、7時からの開演には充分過ぎる。
わいのわいのと移動する。
受付開始時刻である開演一時間前に、受付に並ぶだなんて、初めて

村山くんから聞いてたとおりのお客さんの多さで
開演までの時間、人に酔いそうになる。

しかしこれだけのお客さんを呼べるなんて、すごいなあ。
出演者多いしダブルやからかなあ。

役者さんみんな個性的でキャラクターが立っていて、
上手いとかじゃないけど、みんなよかった。

同じ場所のシーンを表現するのに、
装置を動かすことで、
お客さんから見えている場所を移動したり、
見えてる視点を変えて、別の方向から見えている感じに
装置を組み替えたりとかする見せ方はおもしろいなあ!と思った。

でもそれ以外は、私にはあんまり響いて来なかったなあ。
場面転換が、フェードアウトな感じが何度も繰り返されるのも
そのタイミングの何が気持ちいいのかよくわからなかった。

というか、前半は物語の面白さが私にはよくわからなくて、
後半は、負のエネルギーがたくさん響いてきて、
モノローグも群唱も、
聞いててどんどんしんどくなってきてしまった。

負のエネルギー自体が嫌いとかそんなんじゃあないのだけど。
(長年お世話になってるエレベーター企画の劇は、
いつも不幸だったり人間のどろどろを表現したりするけど好きだし。)

今日の物語は恋愛のどろどろが
妙にリアルでたくさん出て来たから
余計に受け入れがたかったのかもしれない。

だけど、どんなワークショップなのかよく知らないけれど、
ワークショップ公演というこの場で
これだけのことを成し遂げる役者さんたちに敬意。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●THE EDGE
「妄想恋愛小説家」

2016年6月
8日(金)19:30恋
9日(土)15:00愛/19:00恋
10日(日)12:00愛/15:30恋*/19:00愛
④=地下4階の人々「マリアの遺言」
⑥=地下6階の人々「君への嘘と君への手紙」
【会場】 ライブハウス地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12企業交流プラザビルB1F
【料金】 前売/当日 2,500円(全席自由・別途ワンドリンク500円)
*10日(日)15時30分の回は2,000円(別途ワンドリンク500円)でご覧になれます 。
学生証をご呈示いただいたお客様はどのステージも2,000円(別途ワンドリンク500円)

【予約】

または→https://ticket.corich.jp/apply/91119/002/

【詳細】→http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-829.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。