記事一覧

THE EDGE R-18『地下一階の人々』【4月26日(金)~28日(日)】

THE EDGE R-18
『地下一階の人々』



「現実を生きるなら、キレイ事は、捨て去れ」

日時:2013年4月
26日 (金) 19:30
27日(土) 14:00/19:00
28日(日) 13:00/18:00
(受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前)

会場:ライブハウス地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12 企業交流プラザビル地下1階
(地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町駅」1番出口より徒歩5分)

料金:前売/当日 2800円(ワンドリンク付き)
スペシャルシート 3000円(超間近で観れる限定席/ワンドリンク付き)
※26日(金)19:30、27日(土)19:00、28日(日)13:00 のスペシャルシートは売り切れました

チケット予約:
「メッセージ」「twitter」「facebook」などで私までご連絡、
または予約フォーム
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=62508fe688
で、メッセージ欄に「辻野加奈恵」と入力してお申し込みください♪

出演:
倉増哲州 (南森町グラスホッパーズ)
辻野加奈恵 (チャイカ)
盛井雅司
辻宮早紀
後藤篤哉 (camp.06)
もりのくるみ
和泉大輔 (松竹芸能)
落合由美 (劇団ヴァダー)
斉藤潤
時見半次
成瀬トモヒロ

映像出演:
谷屋俊輔 (ステージタイガー)
白井宏幸 (ステージタイガー)
水木たね

作・演出:
田中一郎

ストーリー:
とあるBARで繰り広げられる様々な人間模様をリアルに、そしてコミカルに描く、
2人芝居×4をベースとした群像劇。

第1話  笑えないお笑い芸人
第2話  彼女の友人と会う人
第3話  出会いを買う人
第4話  風俗嬢に恋した人


生きるという事は選択の連続だ。
誘惑の多いこの時代、人は何を選択し、何を捨てるのか・・・

「現実を生きるなら、キレイ事は、捨て去れ」

そして、その結末に彼らは何を思うのか・・・・

ーーーーーーーーーーーー

私は風俗嬢の役をやります。
かなり高いレベルを要求されるお芝居で、難しいけど、挑戦してます。

また、映像とナマのお芝居が入り組んだ形の作品になるので、いつもの舞台とはだいぶ違った感じをお楽しみいただけると思います。

今回のお芝居はあくまでもR-18でございます。
そういうのは苦手という方は、すみませんがご遠慮ください。

ただ、お芝居はすごく真面目に創ってて、コミカルなところもあります


映像は、何日にも分けて、映画みたいに撮っていっています。
また今日も、稽古後にワンシーン撮ります。

撮影風景を少し公開。

先日はホテルでかなり過激な映像を撮りました(*^_^*)











こちらは、BAR Natural9での撮影。







ーーーーーーーーーー

フライヤーの裏面に、作演出のことばがあるのですが、
上の画像では拡大しても小さすぎて読めないので、転記します。



生きるという事は選択の連続だ。
ネット社会は莫大な情報を垂れ流し、多様化した選択肢は人を悩ませ、誘い(いざな)意、そして狂わせる。
今の時代、一言で言えば「なんでもアリ」の時代だ。
「バレなきゃいいじゃん」「みんなやってるし」「マジメとか損だし」・・・・
モラルという言葉は、もはや建前の、奇麗事で敷かないのかもしれない。
現実を生きる時、それは正しくはないが、間違いとも言いきれない。
それは底なしの落とし穴になり得るし、希望へのどこでもドアにもなり得るだろう。
今回の芝居を創るに当たって、ある風俗嬢を取材させていただいた。
私はそういう人たちに少なからず偏見を持っていたが、話をしているうちになんとも複雑な気持ちにさせられた。
彼女は、夢を叶えるためにお金が必要だからこの仕事をやっているという。
「何故風俗なのか、普通に働くことではダメなのか?」という私の問いに、
「普通の女の子が10年かかって貯めれる額を2年で稼げるから」と彼女はさらっと答えた。
もちろんそれはリスクも苦痛も伴う仕事ではあるのだが、彼女の年収は1000万を軽く超えてたりする。
「夢を叶えるために時間を短縮できれば、さらにその先に行けるかもしれないし・・・」
正しくはない。間違っているとも思うのだが・・・強く否定もできなかった。
それが、彼女の人生の選択なのだ。
だが、そんな彼女は風俗嬢になって5年が経つという。
金銭感覚が変わってゆき、生活は派手になり、買い物依存症、ストレスからホストに通い・・・・・・
そして何より、一度入ると抜け出すのが難しい世界であるらしい。
現実(いま)という時代、「何でもアリ」の時代だ。
それは底なしの落とし穴かもしれないし、希望へのどこでもドアかもしれない。
今回はそんなリアルな世界をテーマに芝居を創る事にした。
誘惑の多いこの時代、人は何を選択し、何を捨てるのか・・・
「現実を生きるなら、キレイ事は、捨て去れ」
そして、その結末に彼らは何を思うのか・・・・

        作・演出 田中一郎


ーーーーーーーーーー

ぜひ、ご来場をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●マキコミシアター第5弾
『イキナリ防衛軍』

【日時】
2017年4月
14日(金)19:00〜
15日(土)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
16日(日)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
【料金】
前売(Web) 3,000円 / 当日 3,500円
(ドリンク付)
【会場】
自由表現空間 シアターカフェNyan
【チケット】
http://makikomi.net/
【詳細】
http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-820.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新