記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレファントグロウ

パロディフライの同期の人たちがたくさんでている旗揚げ公演。
先週の平日、のりうち一回だけのお芝居を観に行った。

場所はウィングだけど、小劇場慣れしてないお客さんがたくさんだった。

第一回目の公演ということで、
裏のことをするのも初めてのメンバーも多いし、
きっといろいろ大変だろうと思って、結構覚悟して観に行ったのだけど、
想像してたよりずっと安心して観れた。

少し長く感じたけど、さっぱりしたお芝居だった。
それぞれのキャラクターが活きていて、その辺が観やすかった。

若い社長が、恋愛コンサルティング会社を設立して、
現代ならではの悩みや病気を抱えた会員や、
社員たちがさまざまな問題を巻き起こす物語。

特に石澤さん演じる秘書の山田さんが、
ドジでミスばかりするけどかわいい女性で、とても好感が持てた。

会員たちの悩みも、キャラも、とてもわかりやすくて、
自然なたたずまいがよかった。

社長の後輩で新入社員の三輪さんの、いつもと変わらない感じは
やっぱりすごい。

社長の田中くんは、主役を好演。
ただ私の好みで言えば、怒ってたと思ったらすぐに笑い飛ばすような
さらっとした軽さがもっと欲しかった。
確かに主役なのだけど、とにかく台詞が多く、説明台詞も多い。
物語のテンポを決める重要な役割なのだけど、
彼の感情が全面に出て、
だらだらとずっと怒ったり不満を言ったりしている場面が続くことで、
話の流れが重々しくなってしまった。

前半、観客は突然連れてこられた新入社員に同調し、
後半は、いろいろうまくいかずひとりぼっちになってしまった社長に
感情移入したいところなのだけど、
その頃にはもうおなかいっぱいで、共感するのがむずかしかった。

暗転が多さも、音の使い方が良いせいか気にならなかった。
狭いアクティングスペースをより狭くするような装置や
いつもの中劇場のような転換は、
せっかくの小劇場を活かす工夫がほしかったな。

勝手な感想を書いてしまったけれど、
自分が同じような規模でこのような公演を打とうと思うと
相当な覚悟と努力が必要だし、
このレベルまで持っていけるのは本当にすごいことだと思う。

同期のみんなには心から拍手を送りたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●THE EDGE
「妄想恋愛小説家」

2016年6月
8日(金)19:30恋
9日(土)15:00愛/19:00恋
10日(日)12:00愛/15:30恋*/19:00愛
④=地下4階の人々「マリアの遺言」
⑥=地下6階の人々「君への嘘と君への手紙」
【会場】 ライブハウス地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12企業交流プラザビルB1F
【料金】 前売/当日 2,500円(全席自由・別途ワンドリンク500円)
*10日(日)15時30分の回は2,000円(別途ワンドリンク500円)でご覧になれます 。
学生証をご呈示いただいたお客様はどのステージも2,000円(別途ワンドリンク500円)

【予約】

または→https://ticket.corich.jp/apply/91119/002/

【詳細】→http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-829.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。