記事一覧

遊劇体『多神教』

遊劇体 ♯49
〈遊劇体×泉鏡花オリジナル戯曲全作品上演シリーズ6〉
『多神教』
作/泉鏡花
演出/キタモトマサヤ
@京都・五條會館五條楽園歌舞練場
5/21(金)~5/25(火)

今日14時まで公演中。なので急いで書く。
でも基本私の感想はネタばれだけど。

日曜の夜、雨の中京都へ足を運んだ。

坂が川のようになるほどの雨。
それでも、雨の京都もまたよい、そんな気がした。

会場の五條會館五條楽園歌舞練場は、
想像していたほどの厳かな感じではなく、
心地よい古めかしさと、
気楽に楽しんでね、というかのような親しみやすさを感じた。

この空間にとってもあう作品だと思った。

遊劇体さんの泉鏡花作品で、こんなにも、
あははと笑いの起こることがあったかしら。(いやな…略)

とってもシンプルなストーリーで、
言葉も難しいことは難しいけど、
今までの作品よりは随分わかりやすい。

昭和に入ってから発表されたというこの作品の
一言一句そのままの上演なのだが、
より形式的、より象徴的に台詞が誇張されているに思えた。

だからこそ、わかりやすいし、面白い。

そして、ほんとにたまに、近代っぽい言葉遣いかなと思われる部分がアクセントに。

姫神様はあっけらかんとしているが、
その心の後ろ側には、乗り越えて来た苦しみや哀しみがある。

泉鏡花作品にいつも出てくる、鬼や化け物、つまりは自然の脅威に捧げられる、
生け贄の若い娘。
姫神様はその代表なのだ。

丑の刻参りの女にしても、姫様にしても、
乗り越えたからこその女性の強さが感じられる。


役者さんみなさすがの方たちばかり。
劇団員さんは特に、この役はこの人しかいない、という芝居。

とても楽しくおもしろく、しかも格調高い芝居を観させてもらった。

ラストの曲だけ(亡き王女?)、少し欧米過ぎるのが私には違和感が残ってしまったけど。

出演者でもある塚本さんのブログにはいろいろ詳しく書かれている。
http://blog.livedoor.jp/urakata036/archives/52617180.html
たまにしか観られない塚本さんの役者姿だけど、すてきなおもしろ天狗だった!

それから、ヤザン(坂本)兄さんの猿っぽい酔っぱらい、すごい好きだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

いつもご来場、ありがとうございます。
楽しんでいただけたようで、何よりです。

それにしても、字がデカイね。(^^)

Re: ありがとうございました

おつかれさまでしたーー!!
なんとか早めにアップできましたっ!

文字、おっきいですか?
携帯のページですか?
デフォルトから変えたかどうか忘れましたが、
うーん、むずかしいですね・・・。

Re: Re: ありがとうございました

ちょっと変えてみました!

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●マキコミシアター第5弾
『イキナリ防衛軍』

【日時】
2017年4月
14日(金)19:00〜
15日(土)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
16日(日)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
【料金】
前売(Web) 3,000円 / 当日 3,500円
(ドリンク付)
【会場】
自由表現空間 シアターカフェNyan
【チケット】
http://makikomi.net/
【詳細】
http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-820.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新