記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田育世 BATIK「SHOKU」

黒田育世 BATIK 「SHOKU」
ブリーゼ・コンテンポラリーダンス・セレクション
2010年5月22日
@サンケイホールブリーゼ

今日もダンスのレッスン。
デザインの仕事が残業になってしまって、超遅刻だったのだけど
いつもどおりレッスンしていただいて、
帰りは先生と二人、歩き飲みしながら帰った♪

先週の土曜日、その、いづみ先生と観劇。
(ダンスを観るってなんて言うのかを聞いたら、やっぱり「観劇」でいいのだと教えてもらった。)

まず、初めて行ったサンケイホールブリーゼは、素敵なホールだった。
すごいきれい!スタッフさんすてき!マットな感じの黒で統一された空間!

このホールでコンテンポラリーダンスをシリーズとして上演するのは
新しい試みだとのこと。

面白かった。
刺激的だった。
ひとつの作品だけで1時間程度の、ダンス作品としては長めなんじゃないかと思う時間は
もう終わり?というくらいの感覚だった。
ダンスの先生と観に行ったことで、
ダンサーとしての観点や意見を聞けたことも私にとってとても新しかった!


だけど、感想をどう言えばいいのか、すごくむずかしい。。。

赤いワンピースの女性たちが激しくもだえる。
冒頭すごくかっこいい。
BATIKのHPで、この冒頭の動画が少し観られる。

女性の、女としての焦燥感、もどかしさ、諦めも含み込んだ激しさ。

名前が思い出せないけどとっても好きな曲が、とってもすてきに使われていた。
諦めと、みじめさを感じるシーンで始めの方に使われ、
ラストでもテーマ曲のようにまたでてきた曲。

それから、群舞としてのバランスが、最強に気持ちよかった。
静と動。
また、動と動の時もあるのだけど。
ひたすらくるくる回ってはこけるのを繰り返す人たちのなかで
センターでストーリーを紡ぐ(?)ソロのダンス。

性的な表現がたくさんなのだけど、エロくはない。グロくもならない。
どこかの方向に振り切らないのが狙いなのかもしれない。
だから観ていてすっきりしない。
激しくすごい迫力だけど、迫力や驚きだけで攻めてこない。
かっこいいとかスタイリッシュとかにも徹しない。
どろどろと滞った気持ちだけでもなく、素朴や野蛮でもない。

照明の使い方が、とっても素敵で、
ポイントを照らすことで非日常的な空気を生み出す。
薄暗くぼんやりした空間に観客が集中する。
evkkの外輪演出に通じる感覚があって、私はとっても好だったのだけど
残念なことに暗くて見えないことが多くて、会場が大きすぎると思えた。
アイホールくらいまでの空間ならよかったのに。

場末の夜の街でまるで嘘くさく、華麗に着飾る女たち。
でもそのドレスの下はそんなスタイリッシュではない。
激しい焦燥感。
女性そのものをも表す赤。
そんな彼女たちが最後にひとりひとり赤い服を脱ぎ捨て、
それまでのしがらみから開放され、
白い下着姿になっていく姿は、神々しく、きれいだった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●マキコミシアター第5弾
『イキナリ防衛軍』

【日時】
2017年4月
14日(金)19:00〜
15日(土)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
16日(日)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
【料金】
前売(Web) 3,000円 / 当日 3,500円
(ドリンク付)
【会場】
自由表現空間 シアターカフェNyan
【チケット】
http://makikomi.net/
【詳細】
http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-820.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。