記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A級MissingLink トライアウト 『蒼天、神を殺すにはいい日だ』

A級MissingLink トライアウト
『蒼天、神を殺すにはいい日だ』
@ウイングフィールド
2010年5月28日(金) ~29日(土)

ずいぶん遅くなりました。
初日、仕事後に観劇。

開場が開演の15分前ということもあり、開場前から人が並ぶ。
みるみる人が増えて、かなりの満席。
若い人が多い。すごい。
お客さんに知ってる人は珍しく見つからなかった。

自分の事情での妙な緊張感で、
最初はなんだか変なところに気がいってしまって、
女優さん二人ともきれいーーとか、
男性は関西弁へんやなーとか、
幸野さんはなんで受付入ってたんだろーとか、
あかんあかんと思って、
だんだんと入り込めた。

どう展開するのか、すごい惹き付けられて、
シーンシーンがとても面白かった。

例えば、相手が発したひと言に対して、
それを受けた人は、一瞬固まって、驚いたと言う。
そういうのって、日常あることだけど、
それはほんとに心底驚いてそうなったのか、
どう反応していいのかを一瞬迷ってから、驚いてみせたのか、
それって、その当人にしかわからなかったりする。
なんだか、そんな感じ。
どちらとも考えられる、
観客が想像する、そんなやりとりがたくさんあって、
とっても魅力的。

タイムカプセルと墓との連想。
掘る、埋める、場所が変わる。
死と、神。
そしてハムレットの墓堀りのシーンが連想される。
あの墓掘りのシーンって、
ハムレットの中では箸休め的なシーンに感じられることが多くて、
そんなに好きでもなんでもなかったのだけど、
このお芝居の中のその劇中劇的なシーンは、
言葉の意味合いもなんだか訴えかけられて来て、
すごい面白いシーンだなと思った。

亡くなった小宮山という男が砂漠へと旅立つシーンが
フラッシュバックするラスト、
とってもよかったのだけど、そこで終わるとは思わず、
すごい悩んでしまった。
小宮山に対するそこまでの思い入れがどこにあるのかが
私がわからなかったかな、と後で思った。
そのへんも、神殺しと深い関係があるのだろう。
それがわからず、久々に自分の理解力のなさをのろった。。。

でも、習慣HIROSEを読んでちょっと安心した。

11月のアイホールでの、この作品をもとにした本公演に出演させてもらう。
どきどき。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●マキコミシアター第5弾
『イキナリ防衛軍』

【日時】
2017年4月
14日(金)19:00〜
15日(土)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
16日(日)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
【料金】
前売(Web) 3,000円 / 当日 3,500円
(ドリンク付)
【会場】
自由表現空間 シアターカフェNyan
【チケット】
http://makikomi.net/
【詳細】
http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-820.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。