記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソソソソ

またまたえらい時間が経ってしまったけど、書いておこう。

遊気舎 vol.37 芸術創造館マンスリーシアター
『ソソソソ』を観てきた。

すてきなお芝居だった~。
ゆったりとした「風」が流れていて、
とっても大人なお芝居だなあと。

劇中で 主人公の乙骨くんが弾いていた曲は、
とってもやさしくて、しっとりとしていて。
なんか一音一音の余韻がすてきに残るの。

あんまり上手すぎたから正直生演奏とは気付かなかった

お話の根底に流れる「風」という言葉にぴったり。
秋に入ったばかりの、やさしくてしめった風。

田舎の農家。
ゆっくりと時間が流れるお芝居。
そこにいる人たちの関係や状況は、だんだんわかってくる。

その家のお父さんが亡くなって、お葬式が終わった次の日かその次の日か。
それぞれの理由で、農業をしに住み込みで来ている若い人たちがいる。
この人たちもひとつの新しい風である。

役者さん全員がしっかりとそこで生きているから
安心して流れる風に身を委ねられる。

峯さん演じる妹は、とっても清楚でおとなしくてすてきな奥さんなのだけど
芯が強くて頑固というのが、すごく素敵ににじみでていた。

とこさん演じる嫁の妊婦が、ううっってなって、横になったまま、
ちゃぶ台の向こうで、今まで言えなかったことを泣きながら言うのは
観てる方もそりゃあ泣かずにいられないでしょう。。。
姿が見えなくて、声だけで訴えるのがより響いてきた。

客演の牧野さんはさすが。すてきだったなあ。

家族が亡くなったときに家族が集まって、
新しい風が吹き、今まで共有できなかったことを一緒に感じられる。
そんな気がした。
さみしいけど、あったかい。

農業をしにきている若者の一人の乙骨くんが
お母さんにお手紙を書いているのだけど、
ラストにそれがどういうお手紙なのかがわかって、
すてきな潤んだギターとあいまって、
とってもやさしい気持ちでいっぱいになって
お芝居を観終わることができた。

笑い担当の羽曳野さんが、すごいことができる重要な人物で
なんかよかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

辻野加奈恵 出演情報

●マキコミシアター第5弾
『イキナリ防衛軍』

【日時】
2017年4月
14日(金)19:00〜
15日(土)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
16日(日)13:00〜 / 16:00〜 / 19:00〜
【料金】
前売(Web) 3,000円 / 当日 3,500円
(ドリンク付)
【会場】
自由表現空間 シアターカフェNyan
【チケット】
http://makikomi.net/
【詳細】
http://yachaika.blog69.fc2.com/blog-entry-820.html

おすすめ

『日々丹精』内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メッセージ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

かなえ

辻野加奈恵です。
大阪でお芝居をしています。
【→more】2012.10 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。